永代供養をお考えなら、山形県鶴岡市の大昌寺へご相談ください。

お墓の新しい考え方

現在のお墓事情 時代の流れ・ニーズによって、急激に変貌を遂げてきたお墓事情

高齢化・少子化や核家族化が進み、どんどん家族の規模が小さ苦なっている現在、お墓事情にも深刻な影響が現れてきました。「自分の死後、お墓を守ってくれる人がいない…」と不安を感じられている方も少なくないのではないでしょうか。コスト面での負担も決して小さくはありません。

こうした上京中で、様々な埋葬の形が生まれてきました。代表的なものとしては、樹木葬をはじめとした自然葬などが挙げられますが、大昌寺ではこの流れに疑問を感じています。

大昌寺が考えるお墓のあり方 遺された家族が故人に触れあえる場所としてのお墓の意味

もちろん、皆様が故人をどのような形で埋葬されようと自由です。しかし、やはりお墓というのは、家族のつながりを意味するものです。「家族にお墓の管理で迷惑をかけたくないから」との想いで、自然葬やロッカー型お墓を選ばれる方もいらっしゃいますが、果たしてそれは家族への思いやりなのでしょうか?お墓とは、埋葬される故人だけでなく、遺される家族にとっても大切な場所です。大昌寺では、遺された家族がゆっくりとお参りすることができる場所として、やはりきちんとしたお墓が必要だと考えます。

永代供養墓というお墓の形 家族に負担をかけずに、永代にわたって供養してもらえる永代供養墓

お墓という形が大切だとは分かっていても、「自分の没後に墓を守ってくれる人がいない」「家族はいるが、お墓のことで負担はかけたくない」と考える方もいらっしゃいます。そういう方のためのお墓が永代供養墓です。永代供養墓は、お墓を見守り続ける跡継ぎがいない方でも、寺院が永代に供養・管理するお墓のことです。永代供養墓に納められることで、「自分の没後に供養・管理してもらえるのだろうか」といった不安から解消されます。

ご本人だけでなく、ご家族や関係者もご利用いただけますので、長く供養・管理してもらえるお墓として、注目が集まっています。

これからのお墓参りとは ”お参りしたい”という気持ちがあれば、365日いつでもお墓参りできる時代に

「お墓参りしたいけど、なかなか時間が作れない…」という方のために、大昌寺では永代供養墓にライブカメラを設置いたしました。1年365日、いつでもお墓の状況をご確認いただけますので、お墓参りの時間を割けない方もご安心ください。

「映像を見て、お参りするだけで良いの…?」と不安に感じられるかもしれませんが、大切なのは“お参りしたい”という気持ちです。皆様のその気持ちを故人にお届けできるように、大昌寺ではこれからもインターネットを最大限活用してまいります。

このページ上部へ戻る